フリーランスを目指す方の中には、IT系で独立を考えている方がいるのでは?
その際重要なのは、自分の身の回りにあるインフラを安全且つスピーディーなものにしておくことです。
また、道具以外でもこちらのサイトhttp://advice-of-adoption.net/check/では、フリーランスへのヒントを知ることができます。

さて、仕事道具については普段インターネットを利用して、みなさんが閲覧をしているホームページ。
実はインターネット上に土地(サーバー)を借りて、その領域を使い、家(ホームページ)を建てて利用しているのです。
そのため、ネットサーフィンを行い、いろいろなホームページを閲覧することはインターネット上の家やお店を見に行っていることとなります。

さて、ホームページには様々なものがあります。
いろいろなホームページの土台となるサーバーは大きく分けると2つに分類されます。
『共用サーバー』と『専用サーバー』です。この2つのサーバーはいったい何が違い、どのような基準で選べばいいのか。
下記にて参考にしていただければ幸いです。

▼共用サーバー
共用サーバーとは、一つの大きなサーバーを複数人で共用して利用するものとなります。
イメージとしてはマンションを想像してください。一つの土地を複数人で共有したかたち。これが共用サーバーです。

『共用サーバーのデメリット』
・複数のユーザーとサーバーを共有する為、他のユーザーの利用状況の影響を受けてしまうことがある。
・外部データベースなどの接続やプログラムの導入が共用サーバーの為難しく、自由度が低い。

『共用サーバーのメリット』
・価格が安い。
・最近では安い値段でマルチドメイン対応での利用ができるものもある。
・初心者でも簡単にウェブページを持つことができる。

▼専用サーバー
一つのサーバーを一つの契約で利用できるサーバーです。
共用サーバーがマンションなら専用サーバーは一戸建てとなります。

『専用サーバーのデメリット』
・価格が高い。
・専門的な知識が必要。

『専用サーバーのメリット』
・他のユーザーの影響は受けずに安定している。
・プログラムの導入などある程度自由度があり、使い勝手が良い。
・容量や安定性があるため、大規模なウェブページを持つことができる。

以上、サーバー利用の際はご利用になる用途によって共用サーバーと専用サーバーをご検討いただければと存じます。
(出典)GNOクラウドホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です