プログラマとして仕事をしていくために重要なのは、多種類のプログラミング言語を扱えるようになることではなく、アルゴリズムについて習得することであることは、IT業界では常識的になっている。
実際に、システム開発などを行う現場においては、現場によってことなるプログラミング言語を使用することになるため、その全てを網羅的に使えるようになっていることは、労力的には得策ではない。
応用の利く知識や経験を持っていることの方が、よほど重要だからである。

しかし、実際問題として頻繁に使われるプログラミング言語については、習得しておくことが望ましいだろう。
その筆頭に挙げられる言語がjavaである。
インターネットが普及し、どんなパソコンでもブラウザがインストールされていることから、ブラウザ上で動作するプログラムを作成する需要が高い現状がある。
したがって、その最も広く使われている言語であるjavaは、基本的な素養としてもっていて損のないものなのである。

一方、本格的なプログラマとしての仕事ではなく、一般的な企業での社内システム開発などに携わる仕事に転職する際には、要件とされることもあるので便利である。
また、最近ではBasicに代わって初学者がjavaからプログラミングの勉強もすることも増えてきており、その基本を知っている人や知りたいと考えている人も増えてきていることから、パソコン教室を開くといった選択肢を開くためにも役立つだろう。フリーランスへの道は近い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です