以前からくすぶっていた気持ち。
フリーランスについて、ちょっと考えてみようかなと思ったきっかげがありました。

先日、久しぶりに実家に帰ったところ、ケアマネージャーをしている母がえらくITに詳しくなっていて驚いた。
わざわざITというほどの事はないかもしれないが、仕事で必要だと言ってスマートフォンは使いこなしているし、パソコンもいじっていた。
以前は、かろうじてガラケーで片言のようなショートメールを打つのが精一杯な程度だったので、飛躍的な進歩だ。
必要は発明の母というのかもしれないが、この母の場合は、仕事の必要に迫られて使えるようになったのだろう。

しかし、60歳を過ぎた母が慣れた手つきでスマートフォンを扱っているのを見るのは、ちょっと不思議な感じがする。
老眼鏡をかけてはいるが、まるで若者のようにさっ、さっと指を動かしている。
パソコンにしても、前は面倒くさそうだと言って近寄りもしなかったのに、今は自由自在だ。
仕事で使うのであろう資料や、何かのイラストなども自分で作って用意しているようだった。
ケアマネージャーの仕事もいろいろと複雑なようで、どうしてもパソコンを使わなくてはいけないらしい。

今は何とかやっている様子だったが、そこまでになるには計り知れない苦労があったのではないかと思った。
それで、母が自分からは語らぬ苦労話を聞こうと父に尋ねたのだが…
「いや、なんか半分くらいゲームとかして遊んでただけだよ」
そう聞いて思わずずっこけてしまったが、自分が想像したような苦労はあまりなかったらしい。
何となく高齢者がITを、というと似合わないイメージがあったが、やってみれば案外そうでないのかもしれない。
今日もその母からメールが来ていたが、スマートフォンを触るのも楽しそうでなによりだった。

そんな母をみながら、ふつふつと自分も挑戦しようかなと気持ちが強くなってきた感じがする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です